悪玉コレステロールを下げる

悪玉コレステロールと善玉コレステロールの違い

悪玉コレステロールと善玉コレステロールコレステロールが多いと体に悪いと誰もが思っていると思います。
しかしそのコレステロールには悪玉善玉があるということをご存知ですか?

悪玉コレステロールは増えると血管にたまり動脈硬化を引き起こす原因となります
善玉コレステロール
古くなったものを捨てる役割をしています。簡単に言うと体の中で悪さをするのが悪玉で、良い働きをするのが善玉です。

コレステロールは脂質の一種でもともとは悪玉と善玉に分かれているわけではありません。細胞膜を作る働きをするので体内には必要な物質でもあります。多すぎても少なすぎても健康のためには良くないのです。

なぜ悪玉と善玉に分かれるのかというと、リポタンパクと呼ばれる血液の中になる血しょうの状態で分かれることになります。低比重リポタンパク悪玉で、高比重リポタンパク善玉です。

先にも説明した通り善玉コレステロールは細胞から古いものを捨てますが、悪玉コレステロールは肝臓から細胞へコレステロールを運んでくるのです。善玉コレステロールが少ないと作業が追いつかなくて、動脈硬化などを引き起こすのです。

悪玉コレステロールと善玉コレステロールの違いは、同じコレステロールであっても働きが全然違うということです。

腸内環境を整えるサプリメントならコチラ⇒善玉菌のチカラ

 

サイトマップ

オーストラリアの歴史・産業